玄米菜食が良くない理由


これまで立て続けに癌についてのお話をしてきました。

癌細胞のエネルギー源は糖質=炭水化物でしたね。

その観点での玄米菜食が良くない理由についてです。玄米

 

 

 

 

“玄米菜食”は、玄米を主食として、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本としています。

 

独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考える食事法とのことですが、科学的な裏付けが明確でないものや、場合によっては、現在の医学や栄養学とは逆行するものも含まれているとのことです。

 

玄米菜食をガン治療の有効な代替療法として主張する医師や専門家は少なくないですが、玄米菜食に対して懐疑的な理由は2つあります。

 

1つ目は、ガンをはじめさまざまな病気の原因となっている“糖”を多量に摂取する点、そして2つ目は、人間が欠かすことのできない必須栄養素の摂取があまりにも不十分な点。

 

1つ目の“糖”を多量に摂取する点についてですが、これは今までにお伝えしてきた通りです。玄米菜食では、玄米を主食に野菜などの炭水化物を中心に摂取します。「炭水化物」=「糖質」でしたから、玄米菜食ではガンのエネルギー源である“糖”を大量に摂取することになります。

 

実際に、玄米菜食をしたことによって腫瘍マーカーが急激に上がったケースも報告されています。

 

 

 

玄米菜食は、ガンに大量の餌を与えて体内で大切に育てているようなものでガンのエネルギー源である“糖”を多量に摂取する玄米菜食で、果たして本当にガンが良くなるのかというとかなり懐疑的です。

 

2つ目の必須栄養素の摂取が不十分な点についてですが、特に人間が食物からの摂取を欠くことのできない栄養素に、8種類の“必須アミノ酸”と2種類の“必須脂肪酸”があります。

 

これらは、人間が体を作る上で必須の栄養素で、また、これらの栄養素は体内で作ることができないため、必ず食物から摂取する必要のある栄養素です。だからこそ、“必須栄養素”と呼ばれるのです。

 

これらの栄養素は、動物や魚介類に多く含まれていて、炭水化物にはほとんど含まれていません。玄米菜食では、動物や魚介類は摂取せず、炭水化物ばかり摂取しますので、栄養バランスが非常に悪くなります。

 

人間の体はタンパク質からできている細胞と、脂肪からできている細胞壁から構成されているのですが、“必須アミノ酸”や“必須脂肪酸”が十分にないと、新陳代謝もうまく行われず、人間は体を作ることができません。

 

また、免疫力も落ちてしまいますので、ガンが良くなるどころか、ガンになりやすくなりますし、その他の病気にもなりやすくなります。

 

主にこのような理由から、玄米菜食やそれに類似する食事法に対しては懐疑的なのです。

玄米菜食が医学的に健康な食事法という証明はありません。

 

『断糖食』では、ガンのエネルギー源である“糖”は摂取しませんし、人間が体を構成する上で必須の栄養素である“必須アミノ酸”と“必須脂肪酸”をしっかり摂取しますので、免疫力も高まり病気に対して強い体になります。

 

もちろん、『断糖食』では、その他にもビタミンやミネラルなど必要な栄養素はすべてバランスよく摂取します。何かの栄養素が不足したり偏ったりするような食事法ではありませんし、何か体に悪影響があるような食事法でもありません。また、これは全て医学的に説明・証明が可能なことです。

 

 

 


 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です