更年期障害とイソフラボン


更年期障害のサポートとしてイソフラボンが注目されています。

大豆イソフラボンは豆腐や豆乳などの大豆に多く含まれている女子ホルモンに似たエストロゲンの働きをする栄養素。

大豆イソフラボンは、大豆の胚芽に含まれている成分でポリフェノールの一種である。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをすることから、更年期障害に効果があるとされ、更年期特有の症状であるほてりやのぼせが改善され、更年期だけでなく、ホルモンバランスが崩れがちな女性にも効果がある。

1日の摂取目安量は、70~75mgとされていて、納豆は1パックでほぼ1日分の大豆イソフラボンを摂取できる。

他に大豆イソフラボンが含まれる食品としては、豆腐、油揚げ、大豆煮、きな粉、味噌などが代表的。

 

 

イソフラボンには、吸収されにくい「グリコシド型」と吸収されやすい「アグリコン型」の2つのタイプがあります。

 

グリコシド型とは糖がついていて分子量が多く吸収されにくい特徴

アグリコン型は糖が剥がれていて分子量が小さく吸収されやすい特徴

吸収率はグリコシド型と比べると約3倍も差があるといわれています。

イソフラボンというと、女性ホルモン作用が注目されているため、女性用との認識がされていますが、実は男性にも働く成分なのです。
というのも、実はイソフラボンには、前立腺を刺激する悪玉男性ホルモンの合成を抑制してくれる働きがあるのです。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です