はちみつ・プロポリス・ローヤルゼリー等の専門店【武州養蜂園】

女王蜂の特別食、ローヤルゼリー。ハチミツは、働き蜂が花から集めてきた花蜜を、 ミツバチの持つ酵素の力で、果糖やブドウ糖、その他に分解したものです。 花粉とともに働きバチの食べ物になります。 ローヤルゼリーは、ハチミツのように花から集められたものではなく、 羽化して1週間後の若い働き蜂が出す乳白色のクリーム状の物質です。 私たち人間にとっての必須栄養素が、ローヤルゼリーにはバランス良く配合されています。

【武州養蜂園】 は今話題のマヌカハニーを始め健康補助食品、体に優しい化粧品、ギフトやお礼などにも嬉しいアイテムを沢山ご用意しております。

ご注文から配送までの迅速な対応も人気の理由です。

お客様の声


アトピー性皮膚炎の憎悪因子「黄色ブドウ球菌」

これまでアトピー性皮膚炎の増悪因子として多くの環境因子が考えられてきましたが、特にここ数年で黄色ブドウ球菌が問題となっています。

 

この菌はダニなどと同じようにいたるところにいる常在菌です。アトピー性皮膚炎患者の患部から黄色ブドウ球菌が多量に検出され、この菌の産生する毒素(エンテロトキシンなど)が抗原として細胞間情報伝達分子サイトカインを遊離させる事によりアトピー性皮膚炎の増悪因子として作用しているのではないかと見られるようになりました。

 

黄色ブドウ球菌は、ヒトや動物の皮膚に常在するブドウ球菌の一種でありヒトの様々な皮膚感染症や食中毒、髄膜炎、肺炎、敗血症など時には致死的となるような感染症を引き起こす病原菌です。

 

患部への黄色ブドウ球菌や二次感染菌に対する対策として通常、内、外用の両面から抗生物質が適用されます。しかし、適用中は有効でも中止すると再発し、また抗生物質の長期の使用は副作用のリスク、身体へのダメージも大きく外用の場合も含め感染菌の抗生物質に対する薬剤耐性などが懸念されます。特に抗生物質の使用頻度が高い我国の医療において問題とされるところです。

 

院内感染で問題化している抗生物質が効きにくいMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)などもこの菌が多剤耐性を獲得したものであり抗生物質乱用が原因で出現したものです。

 

また、その他の殺菌剤としての消毒薬や消炎剤としてのステロイドなどホルモン系薬剤の強い副作用などを考えますとこうしたアトピー性皮膚炎に対する治療方法は躊躇せざるを得ません。

 

 

 
続きはこちらから

ダグラスラボラトリーズ

ダグラスラボラトリーズのサプリメントは、医科向けサプリメント全米第1位にランクされ、医師が責任を持って処方する、世界40カ国で愛される信頼のブランド。
予防医学のために医師が使用し、高い評価を得ています。

ダグラスラボラトリーズは1953年に創立し、50年以上の歴史を誇るアメリカにおけるサプリメントの老舗トップメーカーです。
アメリカには「予防医学」という概念が深く根付いています。そのため、医療を受ける側だけでなく、医療の側も、「病気を治すこと」と同じ重要さをもって「病気にならないための指導」に力点を置いています。

characteristic01_tx_01

 

 

ダグラスラボラトリーズ社はこうした予防医療社会にあって、創立以来、医師が患者に出すサプリメント一筋に製造してきました。医療の細かいニーズに応えて さまざまな目的ごとに最適なサプリメントを開発する技術は、極めて高品質な製品を少量生産するというダグラスラボラトリーズ独自の生産方式となり、その卓 越した技術と品質は全米の医師たちから高い評価を得ています。

用途別に様々なサプリメントが豊富にあるので目的にあったサプリメントが見つかるでしょう。