身体の不調を最短で取り除くには?

どの様な症状でも原因は必ずあります。

原因を的確に捉え、それを改善する必要があります。

自覚症状も個人差があり、感じやすい人、中々症状があらわれない人様々です。

そして原因が1つだけならば良いのですが、長い間負担がしいられたり、複数原因が増えてしまう事も多いのです。

 

1つの部位であればまだ良いのですが、そこの関連している部位も負担が増え、全身に広がっていきます。

そうなると原因も複雑化し、改善も少し難しくなっていきます。

 

悪い部分が広がっていくように、一番辛い部位が良くなれば関連しているところも良くなります。

一番は自分でケア出来ると良いのですが、整体やマッサージなどをすると改善は早くなります。

よくあるケースですがマッサージなどをしてもらい、身体が少し軽くなり、痛い所が少し良くなってそのまま何もしない人も多いのでは?

時間が経てば筋肉は硬くなりますし、血流やリンパの流れも悪くなります。

整体院に通って改善を図る場合は出来るだけ最短で行う事が一番の近道です。

身体の悪い癖が完全に戻ってから施術などでは足踏み状態です。

 

完全に通わなくても良い状態は原因がしっかりとわかり、自分でケアが全てまかなえる状態かと思われます。

 

全てがまかなえなければ定期的な身体のメンテナンスは必要となります。

 

原因の特定が違えば、改善方法も異なるのでしっかりと原因をとらえる事が一番の最短方法を導くことが出来るのです。

 

 

 

高血圧が引き起こす疾患及び不調

皆さんもご存知の通り高血圧には様々な疾患のリスクが隠されていて身体の不調も様々です。

心臓疾患、脳疾患、腎臓疾患

shinzou

 

 

 

jinzou

 

 

noushikkan

 

 

 

 

高血圧は長期に続くと疾患のリスクも高まり危険も伴いますが、何故血圧が高いのかを知っていますか?

身体が必要以上に血圧をあげるということは本来ありません。

血圧を上げる理由があるのです。

もしも血液の循環が悪く流れが悪いと当然末端まで血液を届ける事が難しくなるのです。

 

もしもそこの部位に血液が届かなかったらどうなるでしょう?

 

細胞は壊死してしまいます。

 

少なからず、血液の循環はスムーズではないはずです。

他に自律神経の働きが乱れてしまったりすると血圧も乱れます。

 

薬を飲んで無理やり下げても、身体は血圧を上げる事に意味を持っているので降圧剤で下げてもまた上がり続けるのです。

 

今、日本の高血圧患者の数は約4,000万人ともそれ以上とも言われています。

 

これは、実に日本人の約3人に1人が高血圧症であることになります。

 

そして、そのうちの約半分の2,000万人が

降圧薬などの薬を摂取していると言われています。

 

薬を飲み続ければ副作用により他の器官が負担を強いられ、やがては機能不全になってしまうのです。

 

血圧のメカニズムを知ればおのずと答えは見つかるでしょう。

 

それがわからなければ一生、高血圧で苦しむでしょうし、不安は拭えません。

 

その場しのぎで対処しても症状は改善されませんし、悪化する一方です。

 

では何故4000万人以上の方が苦しみ、悩み、そして治す事が出来ないのでしょうか?

 

答えは現状の医師の診察および着眼点が違うからです。

原因が違い間違った治療法では治るわけがないのです。

 

 

 

 

断糖食事療法

断糖食これまでお話してきました通り、ガンのエネルギー源である“糖”を断ち、“必須アミノ酸”や“必須脂肪酸”をしっかり摂取して免疫力を上げる食事法、これらは、【荒木式】断糖食と呼んでいます。

 

この食事法は、400万年の歴史を持つ人類が、元々していた食生活に近い食事法になります。ですから、これが人間にとって本来あるべき食事の姿になります。

 

ところが、特にここ数百年の間で人類は目まぐるしく文明の発展を遂げてきました。以前はほとんど食していなかった(仮に食していたとしても極少量だった)穀物を、農業革命によって大量に生産し大量に消費するようになりました。

 

このことによって、飢餓が減ったというメリットもありますが、本来食べていなかった炭水化物を大量に摂取することによって、さまざまな病気が出てきました。

 

その代表的な病気が癌(がん)であり、糖尿病であり、さまざまな生活習慣病です。これらの病気の大きな原因が食生活の変化、つまり、“糖”を大量に摂取するようになったことによるものです。

 

【荒木式】断糖食では、病気の根源となっている“糖”の摂取を断ち、“必須アミノ酸”や“必須脂肪酸”などの栄養素をしっかり摂取します。人間が本来していた、人間の体に適した食事をすることが、この食事法の目的です。

 

ガンのエネルギー源である“糖”を断ち、“必須脂肪酸”や“必須アミノ酸”をしっかり摂取して免疫力を高めれば、ガンが良くなる可能性は十分にありますし、場合によっては消えてしまうことさえあるのです。

 

チェックリスト

 

 

 

 

 

 

 

今現在、治療中で思うように好転しない方や、進行が進んでしまっている方、副作用が酷く苦しんでいる方、金銭的な負担が多いなど、現状の癌治療は問題点は深刻な問題です。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

荒木式癌対策プログラムで奇跡の回復ー2

荒木式癌対策プログラムで生き抜いた先人たちのエピソード

エピソード1 大腸がん 60代男性

エピソード2 大腸がん 60代男性

エピソード3 乳がん  50代女性

エピソード4 卵巣がん 30代女性

エピソード5 膵臓がん 50代男性

詳しい動画の中身とプログラムは

こちら


荒木裕先生の著書

インスリンも薬もやめられた! すごい糖尿病治療 ―血糖値を下げるレシピ多数!

新品価格
¥1,620から
(2015/9/3 18:39時点)

肉食ダイエット―肥満外来の名医がすすめる

新品価格
¥1,080から
(2015/9/3 18:39時点)

薬もインスリンもやめられた! 新しい糖尿病治療

中古価格
¥775から
(2015/9/3 18:40時点)

荒木式癌対策プログラムで奇跡の回復ー1

元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法を提唱している兵庫県加古川市で崇高クリニック医院の荒木裕先生。

奇跡の回復例の動画をご紹介いたします。

【荒木式】食事法を実践する前はどのような状態だったか?

元癌治療の3大療法も経験した広島県の当時65歳だったY.Nさん

「いわゆる3大療法は応急処置、緊急処置でしかない。毎日やっていたら副作用で死んでしまうと語る。」

どのような副作用があったか?

「副作用を乗り越える事が治療と思っていたけど、これはただの副作用で治療は別だった。。。」

食事法を実践してどのような効果があったか?

「腫瘍マーカーCEAが800~1000から40~50に下がった。」
主治医が驚くほどのもので、副作用も非常に軽いと語る。
料理を楽しむ趣味が増え、きつい食事制限もないとの事。

詳しい動画の中身とプログラムは

こちら


荒木裕先生の著書

インスリンも薬もやめられた! すごい糖尿病治療 ―血糖値を下げるレシピ多数!

新品価格
¥1,620から
(2015/9/3 18:39時点)

肉食ダイエット―肥満外来の名医がすすめる

新品価格
¥1,080から
(2015/9/3 18:39時点)

薬もインスリンもやめられた! 新しい糖尿病治療

中古価格
¥775から
(2015/9/3 18:40時点)

玄米菜食が良くない理由

これまで立て続けに癌についてのお話をしてきました。

癌細胞のエネルギー源は糖質=炭水化物でしたね。

その観点での玄米菜食が良くない理由についてです。玄米

 

 

 

 

“玄米菜食”は、玄米を主食として、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本としています。

 

独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考える食事法とのことですが、科学的な裏付けが明確でないものや、場合によっては、現在の医学や栄養学とは逆行するものも含まれているとのことです。

 

玄米菜食をガン治療の有効な代替療法として主張する医師や専門家は少なくないですが、玄米菜食に対して懐疑的な理由は2つあります。

 

1つ目は、ガンをはじめさまざまな病気の原因となっている“糖”を多量に摂取する点、そして2つ目は、人間が欠かすことのできない必須栄養素の摂取があまりにも不十分な点。

 

1つ目の“糖”を多量に摂取する点についてですが、これは今までにお伝えしてきた通りです。玄米菜食では、玄米を主食に野菜などの炭水化物を中心に摂取します。「炭水化物」=「糖質」でしたから、玄米菜食ではガンのエネルギー源である“糖”を大量に摂取することになります。

 

実際に、玄米菜食をしたことによって腫瘍マーカーが急激に上がったケースも報告されています。

 

 

 

玄米菜食は、ガンに大量の餌を与えて体内で大切に育てているようなものでガンのエネルギー源である“糖”を多量に摂取する玄米菜食で、果たして本当にガンが良くなるのかというとかなり懐疑的です。

 

2つ目の必須栄養素の摂取が不十分な点についてですが、特に人間が食物からの摂取を欠くことのできない栄養素に、8種類の“必須アミノ酸”と2種類の“必須脂肪酸”があります。

 

これらは、人間が体を作る上で必須の栄養素で、また、これらの栄養素は体内で作ることができないため、必ず食物から摂取する必要のある栄養素です。だからこそ、“必須栄養素”と呼ばれるのです。

 

これらの栄養素は、動物や魚介類に多く含まれていて、炭水化物にはほとんど含まれていません。玄米菜食では、動物や魚介類は摂取せず、炭水化物ばかり摂取しますので、栄養バランスが非常に悪くなります。

 

人間の体はタンパク質からできている細胞と、脂肪からできている細胞壁から構成されているのですが、“必須アミノ酸”や“必須脂肪酸”が十分にないと、新陳代謝もうまく行われず、人間は体を作ることができません。

 

また、免疫力も落ちてしまいますので、ガンが良くなるどころか、ガンになりやすくなりますし、その他の病気にもなりやすくなります。

 

主にこのような理由から、玄米菜食やそれに類似する食事法に対しては懐疑的なのです。

玄米菜食が医学的に健康な食事法という証明はありません。

 

『断糖食』では、ガンのエネルギー源である“糖”は摂取しませんし、人間が体を構成する上で必須の栄養素である“必須アミノ酸”と“必須脂肪酸”をしっかり摂取しますので、免疫力も高まり病気に対して強い体になります。

 

もちろん、『断糖食』では、その他にもビタミンやミネラルなど必要な栄養素はすべてバランスよく摂取します。何かの栄養素が不足したり偏ったりするような食事法ではありませんし、何か体に悪影響があるような食事法でもありません。また、これは全て医学的に説明・証明が可能なことです。

 

 

 


 

 

 

 

癌にならない民族とエスキモー

民族

 

 

 

 

アフリカのサバンナに暮らすマサイ族。彼らの伝統的な食文化は、狩猟をして動物の肉を中心に食べます。彼らは農耕をしませんので、穀物はほとんど摂取しません。つまり、マサイ族は“糖”を摂取しない為、ガンにならないのです。

 

また、モンゴルの草原に暮らす遊牧民。彼らの伝統的な食文化は、家畜の肉や乳製品が中心です。彼らも農耕をしませんので、穀物はほとんど摂取しません。すなわち、モンゴルの遊牧民も“糖”を摂取しない為、ガンにならないのです。

 

日本でも大昔は、山で猪や鹿を狩り、海や川で漁をして暮らしていました。農耕がはじまり穀物(炭水化物)を食べるようになったのは、長い歴史の中ではつい最近の事。

 

18世紀に西洋で農業革命が起こり、それから一気に穀物(炭水化物)を食べる文化が世界中に広がりました。それと同時に、ガンや糖尿病や脳卒中や心筋梗塞などの生活習慣病が一気に広がりました。

 

「炭水化物=“糖”の摂取」、これが大きな原因です。

 

『断糖食』という食事法は、エスキモーやマサイ族やモンゴルの遊牧民たちが守っている伝統的な食文化と根本を同じにします。だからこそ、ガンが改善される可能性は極めて高く、生活習慣病やその他の病気という病気もほとんど良くなる食事法。

 

そして、『断糖食』を中心とする生活こそが、人間が“本来すべき”食生活であり、“本来していた”食生活なのです。

 

 

エスキモー

 

 

 

 

 

 

 

 

エスキモーには、ガンがありません。

もっとも、近代化の波に飲まれて伝統的な食文化を失ってしまったエスキモーはガンにも生活習慣病にもなるでしょうが、伝統的な食文化を守っているエスキモーにガンはないのです。

 

では、エスキモーの伝統的な食文化とは、どのようなものなのでしょうか?

 

伝統的なエスキモーの食生活は、狩猟によって得た生肉が中心となります。海で漁をするエスキモーの獲物はアザラシやクジラなどです。陸で猟をするエスキモーの獲物はカリブー(トナカイ)などになります。

 

生肉の他には、ツンドラの原野に自生するコケモモの実などを食することもありますが、気候上農業は不可能なのでほとんど穀物を食べることはありません。

 

つまり、エスキモーは米も麦も野菜も果物も食べないのです。食べないというよりも、気候の厳しい北極圏ではそのような食物は育たないのです。

 

米や麦や野菜や果物などのような穀物は、「炭水化物」に分類されます。炭水化物とは、その名が示す通り、空気中の”炭酸ガス”・”水”と大地の“ミネラル・土壌細菌”から太陽のエネルギーによって化合された物質です。従って、大地から生えているものはすべて炭水化物になります。

 

そして、「炭水化物」は「糖質」と「食物繊維」からできています。食物繊維は糖質に比べてそれほど多く含まれていませんので、「炭水化物」=「糖質」と認識して頂いても特に大きな問題はありません。

 

ご飯や麺やパンなどが炭水化物であることはよく知られていますが、野菜や果物も炭水化物に分類されます。野菜や果物も同様に「糖質」と「食物繊維」からできています。

 

要するに、穀物が育たない北極圏に暮らすエスキモーは、炭水化物(糖)を全くと言っていいほど摂取していないということです。

 

つまり、エスキモーがガンにならない理由は、ガンのエネルギー源となる糖(ブドウ糖)を摂取していないからなのです。極めてシンプルな理由なのです。

 

 

 


高額な治療費問題

NHKが行ったアンケート調査で、高額療養費制度があるにもかかわらず、約70%もの人が「ガン治療は経済的負担が大きい」と感じていることが判明しました。中には、薬の費用負担の重さに耐えきれず、使用を諦めざるを得なくなった患者さんもいらっしゃいました。

 

例えば、腎臓がんや肝臓がんに使われる「ネクサバール」という抗がん剤がありますが、これは1日2回合わせて4錠の服用が基本です。ところが、1錠の値段がなんと4,547円(保険適用前)もするのです。わずか1日で18,000円余りかかることになります(保険適用前/患者3割負担で約5,456円)。

また、腎臓の「アフィニトール」は1日1回2錠を服用しますが、こちらは、1錠の値段が12,711円(保険適用前)です。こうした薬を飲み続けるには、たとえ保険が適用されたとしても、1ヶ月辺り数万円から十数万円も自己負担しなければなりません。

 

 

他にも、医療技術の進歩によって、さまざまな病気の治療が可能になってきましたが、通常の健康保険が適用されないため、全額が自己負担となりかなり高額です。先進医療もそうした治療法のひとつです。

 

 

例えば、ガン治療に用いられる重粒子線治療なら約300万円、陽子線治療なら280万円以上かかるとされています。治療方法の選択肢が広がり、治癒の可能性が高まったことは朗報なのですが、高くて治療を受けられない患者さんは少なくありません。

 

薬代や治療費のことで二重に頭を悩ませている方も。病気のことだけでも大変なはずなのに、さらに経済的な負担が加わってくると、肉体的にも精神的にも追い込まれてしまうケースが後を絶ちません。

 

ですが高額な治療費を負担せずに癌治療を行える方法もありますのでご安心いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 


遺伝子治療と免疫療法

三大療法の他に代替療法と呼ばれる治療法がいくつかあります。

 

その種類はさまざまなのですが、中には一部効果の示された治療法もあります。しかし、その効果は限定的であることが多く、ガンが治るという絶対的な治療法として確立されているものはありません。

 

ここでは特に代表的な、遺伝子治療と免疫療法について簡単に触れたいと思います。

 

まずは、遺伝子治療についてです。「ガンは遺伝子の病気」と言われることがありますが、ガンの遺伝子を正常な遺伝子と入れ替える実験を行った結果、正常な遺伝子はガンにならないことが確認されました。

 

つまり、ガンの原因は遺伝子の異常ではないということが、この実験で明白になったのです。

 

また、免疫細胞の衰えが、ガンを増殖させる原因と考えられたことがあります。ガン細胞を壊す免疫物質を作って治療するという免疫療法が行われたことがあるのですが、こちらも確かな効果は得られませんでした。

 

つまり、ガンの原因は免疫異常でもないことが判明したのです。

 

その他にも、温熱療法や理学療法、マッサージ療法、運動療法、心理療法と心身療法、健康食品やサプリメント、鍼・灸、などさまざまな代替療法があります。

 

その中には一定の効果が確認されているものもありますが、残念ながら完全な治療法として確立されているものは現時点ではありません。

 

 

 


癌三大療法の問題点

無題

1996年8月4日に『男はつらいよ』シリーズなどで人気を博した“フーテンの寅さん”こと渥美清さんが68歳でこの世を去りました。一般的には、転移性肺癌のために亡くなったとされていますが、実はこれは正確な死因ではありません。

 

というのも、亡くなる4日前に渥美さんは肺に転移したガンの手術を受けていたのですが、通常、手術ができるくらい体力のある人が、何もしなければ4日目に死ぬということはあり得ないのです。

つまり、渥美さんは、ガンではなく手術で亡くなったのです。本来であれば、もう少し長く生きられていたでしょうが、手術によって縮命してしまった可能性が非常に高いのです。

 

これは、渥美さんに限って言えることではなく、私たちの周りで毎日のように起きていることです。手術のみならず、抗がん剤や放射線療法で寿命を縮めてしまっている人も数え切れないほどたくさんいらっしゃいます。

 

病気を良くする治療のはずが、辛い副作用に苦しめられたり、重い後遺症でQOL(生活の質)を落とさざるを得なくなったり、最悪の場合は寿命を縮めてしまったりと、全く逆効果の治療になっていることが本当に多いのです。

 

確かに三大療法も、緊急を要する救命的な治療としてや、痛みや機能障害などOQL(生活の質)を落とすような症状の緩和などには、“応急処置”として有効な場合もあるでしょう。

 

しかし、これらの治療法は延々と続けられる治療法ではありません。効果のない場合は、副作用や後遺症に苦しめられるだけではなく、寿命を縮めてしまう場合も多いのです。

 

三大療法はガン治療の基本として、あたりまえのように提案され、疑いもなく行われる治療法ですが、医師に言われるがまま安易に治療法を決めるのではなく、今一度自分自身でよく考える必要のある治療法です。