高血圧が引き起こす疾患及び不調

皆さんもご存知の通り高血圧には様々な疾患のリスクが隠されていて身体の不調も様々です。

心臓疾患、脳疾患、腎臓疾患

shinzou

 

 

 

jinzou

 

 

noushikkan

 

 

 

 

高血圧は長期に続くと疾患のリスクも高まり危険も伴いますが、何故血圧が高いのかを知っていますか?

身体が必要以上に血圧をあげるということは本来ありません。

血圧を上げる理由があるのです。

もしも血液の循環が悪く流れが悪いと当然末端まで血液を届ける事が難しくなるのです。

 

もしもそこの部位に血液が届かなかったらどうなるでしょう?

 

細胞は壊死してしまいます。

 

少なからず、血液の循環はスムーズではないはずです。

他に自律神経の働きが乱れてしまったりすると血圧も乱れます。

 

薬を飲んで無理やり下げても、身体は血圧を上げる事に意味を持っているので降圧剤で下げてもまた上がり続けるのです。

 

今、日本の高血圧患者の数は約4,000万人ともそれ以上とも言われています。

 

これは、実に日本人の約3人に1人が高血圧症であることになります。

 

そして、そのうちの約半分の2,000万人が

降圧薬などの薬を摂取していると言われています。

 

薬を飲み続ければ副作用により他の器官が負担を強いられ、やがては機能不全になってしまうのです。

 

血圧のメカニズムを知ればおのずと答えは見つかるでしょう。

 

それがわからなければ一生、高血圧で苦しむでしょうし、不安は拭えません。

 

その場しのぎで対処しても症状は改善されませんし、悪化する一方です。

 

では何故4000万人以上の方が苦しみ、悩み、そして治す事が出来ないのでしょうか?

 

答えは現状の医師の診察および着眼点が違うからです。

原因が違い間違った治療法では治るわけがないのです。