高血圧が引き起こす疾患及び不調

皆さんもご存知の通り高血圧には様々な疾患のリスクが隠されていて身体の不調も様々です。

心臓疾患、脳疾患、腎臓疾患

shinzou

 

 

 

jinzou

 

 

noushikkan

 

 

 

 

高血圧は長期に続くと疾患のリスクも高まり危険も伴いますが、何故血圧が高いのかを知っていますか?

身体が必要以上に血圧をあげるということは本来ありません。

血圧を上げる理由があるのです。

もしも血液の循環が悪く流れが悪いと当然末端まで血液を届ける事が難しくなるのです。

 

もしもそこの部位に血液が届かなかったらどうなるでしょう?

 

細胞は壊死してしまいます。

 

少なからず、血液の循環はスムーズではないはずです。

他に自律神経の働きが乱れてしまったりすると血圧も乱れます。

 

薬を飲んで無理やり下げても、身体は血圧を上げる事に意味を持っているので降圧剤で下げてもまた上がり続けるのです。

 

今、日本の高血圧患者の数は約4,000万人ともそれ以上とも言われています。

 

これは、実に日本人の約3人に1人が高血圧症であることになります。

 

そして、そのうちの約半分の2,000万人が

降圧薬などの薬を摂取していると言われています。

 

薬を飲み続ければ副作用により他の器官が負担を強いられ、やがては機能不全になってしまうのです。

 

血圧のメカニズムを知ればおのずと答えは見つかるでしょう。

 

それがわからなければ一生、高血圧で苦しむでしょうし、不安は拭えません。

 

その場しのぎで対処しても症状は改善されませんし、悪化する一方です。

 

では何故4000万人以上の方が苦しみ、悩み、そして治す事が出来ないのでしょうか?

 

答えは現状の医師の診察および着眼点が違うからです。

原因が違い間違った治療法では治るわけがないのです。

 

 

 

 

体が硬くなる事によって引き起こされる要素

コラーゲンAGE加齢とともに硬くなる筋肉の原因の背景は、運動不足が原因で筋肉は次第に硬くなります。

すると筋肉で出来ている血管も硬くなって動脈硬化、高血圧などの疾患のリスクが高まります。

 

また血流悪化により冷えや肩こり、腰痛などの様々な身体の不調を引き起こします。

体を若返らせるには、まずは筋肉をほぐし柔らかくする事が大切である。

筋肉や血管を固くする原因の一つには「コラーゲンの糖化」があります。

ストレッチで伸ばせば、投下で硬くなったコラーゲンが破壊され新しいコラーゲンに替わるため体の柔軟性は高まり若返ることが出来るのです。

 

以下の方は今すぐにストレッチを始めたほうが良い方です。

  • 寝つきが悪く、寝不足
  • 息切れしやすい
  • 気分が落ち込む
  • 運動不足で体が硬い
  • 慢性的に肩こり
  • 猫背や姿勢が悪いと人から言われる
  • 冷え性で手足が冷たい
  • 呼吸が浅い
  • 血圧が気になる
  • ストレスがたまってすぐにイライラしてしまう。

    ストレッチの目安

  • 無理のない弱めのストレッチのほうが、痛みを感じるほどの強めのストレッチをした時よりも筋肉がリラックスするので効果的。
  • 左右差のある場合は可動域の悪い方を少し長めに
  • 継続することが、重要になってくるためいきなり長い時間挑戦しない

 

美姿勢若返りストレッチ

 

 

ブルーライトが与える人体への影響

医学的議論はまだだが網膜へのダメージの恐れと指摘

眼科医を中心に結成された「ブルーライト研究会」のウェブサイトによると、電子機器の画面が発するブルーライトの人体への影響については医学的な議論が行われていないという。半面、長期的には目の網膜へのダメージ、さらには「サーカディアンリズム」、または概日リズムという1日24時間周期の生体リズムへの影響が指摘されているとの言及がある。

睡眠とサーカディアンリズムの関係
に関する記事

serg

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーライト問題についての国際シンポを東京都内で開催した。技術者向け情報サイト「Tech-On!」の記事によると、発表では、ブルーライトに長時間にわたって過度にさらされた場合、「加齢黄斑変性」という難病を発症する可能性を否定できないとの報告があったという。この病気は、加齢に伴い網膜にさまざまな異常をきたした状態で、失明の原因にもなる。

また元来ブルーライトは自然光に含まれ、太陽が昇れば人間は覚醒して行動し、沈んでブルーライトが消えると睡眠へ誘導されるのだが、夜でも電子機器を使えばブルーライトが照射されていることになり、昼夜の区別がつかなくなってサーカディアンリズムが乱れる恐れが出てくるという。

PCに加えてスマホやタブレットPCの利用機会が増え、ブルーライトを直接浴びる時間も増えている。楽天リサーチが発表した「スマートフォンの使用実態に関する調査」では、スマホ購入後のPC利用時間が「変わらない」と回答した割合が63.3%に達していた。多くの人は今まで以上にブルーライトにさらされる時間が長くなっている計算だ。調査会社ニールセンの公表の調査結果によると、スマホのひとりあたりの月間利用時間は、男性が34時間で女性が47時間だった。

LCD-101WBC_02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる体内時計のリズムが崩れると、睡眠に影響が出る。寝つきが悪い、眠りが浅くなるといった具合だ。夜遅くまでブルーライトを浴びた結果、自律神経系や免疫系にも悪影響を及ぼすという。睡眠障害や、イライラといった精神状態の悪化も否定できない。血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きが低下して糖尿病のリスクを高める、さらにブルーライトとの直接的な関連性は明らかにされていないものの、サーカディアンリズムが乱れやすい職場で働く女性の場合、乳がんの発生率が非常に高い点も挙げた。

ブルーライトと健康の関係性の究明が進めば、次世代のスマホには必須の機能となるかもしれない。

可視光線は直接目には見えないものの有害な光を放っているのだ。

一番わかりやすいのは暗い所で使用すると自分の顔が青白く光っている。

電車などで他の人が顔を近づけて捜査しているのを見てみると顔がスマホの光で青くなっているでしょう。

インターネットビジネス、IT,ウェブ関係の仕事に従事している方は対策は必須です。また電子機器の使用時間が長い人も同じことが言えます。



 

 

 

現代人の不規則な生活

規則正しく生活できている方は問題ないですが、現代人は不規則になりがちです。

不規則が良くないのは分かっていながらも、規則正しい生活は比較的難しく

その時の行動や気分で変化してきます。

fig1

 

 

 

 

 

 

 

 

少しくらいなら問題ないのでは?

僕、わたしはへっちゃら、一日オールしても元気いっぱいで平気だよって方もいますよね。

そうなんです。多少の無理は大丈夫なのですが、歯車は確実に狂います。

歯車とは自律神経やホルモンバランスです。

例えば

寝る時間になったら身体は寝る準備をします。

ですがいつも寝る時間がバラバラだったりすると当然のことながら自律神経の働きは確実に乱れます。

 

aa2476af

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに加え、飲酒や食べ過ぎなどの頻度が多いと身体を修復するどころかダメージが蓄積していく一方なのです。

現代は生活が豊かになり、美味しい物は何でも食べられるし、娯楽、テレビやゲーム、カラオケ、スマホなど身体を休めるより楽しい方へ優先してしまいがちです。

初期の段階であれば数回そのように過ごしても規則正しく戻せればそこまでしんこくではありません。

ですが周りの環境、同世代、同僚の話を聞いてわたしよりも、もっと凄い人いるから平気でしょと勘違いするケースが多いのでは無いでしょうか?

そしてそのような事が当たり前と認識してしまっているので、不定愁訴と関係性があることに、気がつかないのです。

身体の不調は身体の警告サイン。

身体を休めなさい。負担がかかってますよ!って教えてくれているんです。

薬で良くなるわけがないです。症状が緩和されて治ったと誤認しているんです。

栄養ドリンク飲めば疲れが吹っ飛ぶ。一時的に覚醒状態にあるだけで疲労回復はしていません。疲労回復を助ける成分は少し含まれていても活動してる以上はそのような働きはしません。

1201_12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんの一例ですがまだまだ身体の歯車を狂わすものや不定愁訴の原因はまだまだあります。

そして身体の不調となる物を特定しても長い年月当たり前に取り入れていたら改善する時に苦労します。

ライフスタイルの一部であり、それを制限する事によってストレスになるからです。

 

 

SO-01_01

 

 

 

 

 

 

 

例をあげてみると

お酒が好きな人が禁酒

ヘビースモーカーが禁煙

ソーシャルメディア依存症が電子機器の没収

大食いの人が食事制限

など

それが好きで楽しみに頑張っている人や毎日のルーチンになっている人がそれをやめてくださいって言われたら、嫌に決まっています。かなりの苦痛ですよね?

生活が豊かに潤いすぎる事によってこの様な要因が増え拍車をかけるのです。

生活環境、スタイルを変えるのは容易ではありませんので、定期的な見直しと改善できるものは少しずつ変える事によって身体に無理が無く修正していく事ができます。

修正=体質改善

環境が変われば体質は変わりますからね。

不定愁訴の原因は1つだけでなく複数の要因が複雑に絡んでいます。

ですが初期段階であれば解決は簡単です。

食生活が乱れていれ食生活の見直し

睡眠が不摂生な人は睡眠の見直し

運動不足な人は運動の見直し

当たり前の事ですが、中々受け入れるまでが大変ですよね。

世間一般の当たり前って考えが邪魔しているのでその考え方を変えていきましょう!

 

お酒(アルコール)の分解に必須な物

良く飲み会がある時にコンビニでウコンの力を飲んでいる光景を良く目にします。

二日酔いに効くなどとされ、ウコンを使用した商品は沢山ありますが要注意です。

何故なら、ウコンは鉄分を豊富に含みます。ということはつまり、大量にウコンを摂取すると、慢性肝炎を悪化させる要因の1つなのです。

健康食品中毒大百科内藤裕史著によると、、ウコンは、1994年~2003年に日本で発生した痩せ薬以外の、健康食品・民間薬による薬剤性肝機能障害の4分の1を占め、原因物質として最も多い。

お酒(アルコール)分解のメカニズムは以下の通りです。

 

alcoholysis01-img

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肝臓は、タンパク質を合成したりエネルギーの生産、アルコールなどの毒素の分解、疲労物質の処理など、実にたくさんの働きを行っています。だからこそ肝臓に必要なな栄養、元気に働かせることは健康にとても大切です。

お酒を飲むとアルコールは肝臓によってアルコール分解酵素(アルコール脱水素酵素など)によりアセトアルデヒドという有害物質に分解されます。最後には二酸化炭素と水に変化して無害化されています。

アルコール、アセトアルデヒドを速やかに分解するには、アルコール分解酵素やその補酵素の働きが重要です。

必須ミネラルが大切

亜鉛やセレンなどの微量なミネラルが鍵となる

アルコール、アセトアルデヒドを分解する酵素や補酵素を動かすには、亜鉛やセレンなどの微量ミネラルやアミノ酸など大切な働きをする事はよく知られています。こういった微量ミネラルをしっかりと補給してあげましょう。

最近では食生活の変化から日本人のミネラル摂取量は減少を続けています。

熱に弱いミネラルなどは殺菌の為の加熱処理によって壊れた状態で食卓に並ぶため、
今や日本人の半数近くはミネラル不足という報告もあります。

お酒を飲むと利尿作用が働き尿の量が増えます。

この時、アルコールの働きによって体内から必要以上のミネラルが排出されます。

特にマグネシウムや亜鉛、セレンなどはアルコールの影響を受けやすく、さらにミネラル不足を招きます。

また、アルコールは肝臓で分解される時にビタミンCも大量に消費します。

ビタミンCは骨からカルシウムが溶け出すのを抑制して骨密度を維持する働きがあり、飲酒によりビタミンCが不足するとこの働きも弱まります。

日頃から健康に気を使いたい方こそ必須ミネラル、ビタミンの摂取を心がけると良い。



メカニズム
肝臓とアルコールの関係性のメカニズムを詳しく紹介しています。
アルコールの分解の仕組みを理解することで、体に負担をかけない
ようにするために開発された商品です。