冷え性のタイプ別解消法

冷え性には様々な原因とタイプがあり対処法も変わってきます。

四肢末端型、下半身型、内蔵型

四肢末端型 —— 10~30代女性に多い
下半身型 ——- 更年期の女性や中高年男性に多く、足先から腰の下半身が冷える
内臓型 —— 全年齢に多く、風に当たると寒気を感じるタイプ

それぞれ原因が違い、熱を作る、熱を運ぶ、熱を逃がす、といった事が上手くできないために冷え性となってしまうのです。

5つの問診でおおよそのタイプを知ることが出来ます。

 

[1] 冷えを感じる部位(2点)
A手足先共に冷たい
B足が冷たい
C手足とも触れると温かい

[2] 汗のかき方(1点)
A汗はあまりかかない
B上半身にかきやすい
C全身にかきやすい

[3] 普段の食事の量(1点)
A少なめ
B普通
C多目

[4] 寒い所にいると冷える部位(1点)
Aすぐに手足の先が冷える
B足の先、ふくらはぎが冷える
C下腹、太もも、二の腕が冷える

[5] 冷えた時の症状(1点)
A頭痛がする
B上半身と顔がほてる
c腹が痛くなったり張ったりする

 

それぞれ3つの選択肢から該当するものを選び、点数を付けて最も多いものが該当するタイプ
にあたり、Aが多ければ「四肢型」、Bは「下半身型」、Cは「内臓型」となります。

 

[四肢型]
熱がうまく作れない、うまく運べない、のが原因の冷え性。
食事量が少ない人、運動不足、慢性的な疲労などで起こる。

 

対処法

上記の生活習慣を改善すると共に、首や袖から熱が逃げないようにして体幹部をしっかり保温するように。体幹部に熱が溜まり、その熱を逃がすために手足の血管が開くので、血流がよくなり温かくなる。

[内臓型]
身体の表面が熱く、汗をかきやすいので、熱が逃げてしまい身体の中が冷えるのが原因。

対処法

表面の熱を逃がしやすいようにウールのセーターなど通気性のよいものを着て、風よけとしてウィンドブレーカーなどを着る。

室内では、靴下をはき、熱を逃がさないように。

ウォーキングなど軽く汗をかく運動で体質改善が可能。

[下半身型]
下半身に熱を運べていないのが原因。

原因は加齢による筋力低下の事が多い。

対処法
1、ぶらんぶらんウォーキング —– 手を大きく振りながら大股で歩く。1日に10~15分。
軽く汗をかく程度でよい。大きな筋肉が動くことで心臓のポンプ機能がアップし、全身の血流がよくなる。

2、足のツボ —– ふくらはぎの内側中心あたりで、骨の内側に近い押して痛むところ。築賓(ちくひん)(腎臓の経絡にある)。

冷えツボ ちくひん

 

 

 

 

1回に5秒押す。左右5回ずつ。

3、足指ストレッチ —— 足の指全体を手で覆うようにして5秒曲げ、パッと離す。これを左右で5セット繰り返す。冷えている人は血流が悪いので、初めは痛みを感じることもあります。

 

冷え症改善プログラム

体温と身体の関係

体温と身体の関係

o0379031113061471282

 

 

 

 

 

 

 

37度台 、人間の免疫力は最も強力に働きます
36.5   健康体 免疫力旺盛

36.0   震えによって熱生産を促す

35.5  恒常的に近づくと排泄障害 自律神経失調症症状 アレルギー症状

35.0   癌細胞活性化 最も癌細胞が好む温度

34.0   おぼれた人の場合蘇生率5:5

33.0   凍死寸前 幻覚症状

30.0   意識不明

29.0   瞳孔拡大

27.0以下 死体の温度

 

今回一番注目してほしいのはと35.5です。

なぜだか分かりますか??

自律神経失調症症状 アレルギー症状です!

自律神経は何をしているか皆さん知っているでしょうか?

ここでは簡単に説明しておきます。皆さんの意思に関係なく勝手に動かしてくれるオート機能です。

脳、心臓、胃、膵臓、肺、小腸、大腸、脾臓、呼吸、脈拍、血圧、体温など人の生命を維持するのに必要な機能です。

それが正常に働かなければ身体が不調になるのは当たり前の事なのです、

 

頭が重い

不眠症

めまい

耳鳴り

難聴

のどの違和感

食欲不振

胃炎

膨満感

大腸炎

便秘

下痢

ひん尿

膀胱炎

動悸

息苦しい(息切れ)

疲労感が取れない

ふるえやけいれん

しびれ・手足に力が入らない

 

女性では生理痛や生理不順、不妊症などもあり、男性では性欲減退やED

自律神経失調症は主に体の症状が出るのです。

現代人は平熱が36.0~36.2度 高い人で

多くの人は36.0を下回っている人がほとんどです。

これが何を意味しているかわかりますか?

35.5にほとんどの人が該当しているのです!

身体を冷やす要因は腐るほど存在します。

夏場の電車の車内やデパートなんかほぼ冷蔵庫じゃないですか?

人は暑い時にはちゃんと発汗し熱を下げるようにできています。

それに逆らえば当然体の機能もそれに順応して体質は変わるのです。

体温は高すぎても低すぎてもダメですから。

ほとんどの身体の不調はここからきています!

この体質改善をしなければ病気になるのは時間の問題です。不定愁訴も治りません!断言できます!

なぜ現代人で花粉症の人が多いのか?35.5のアレルギー症状に当てはまります。なぜ生まれてくる子供たちは食べられないものが多く食品に対してアレルギーをもっているのでしょうか?

体温は非常に重要なので甘く見ないように!

複雑なようですが問題解決は簡単なのです。

冷え性改善